イベント(終了):10月22日「奈良少年刑務所の心をつなぐ①:北風と太陽〜心を開いた詩の教室とは?」

奈良少年刑務所で、寮美千子・松永洋介とともに「社会性涵養プログラム」を作り上げてきた元教育官の竹下三隆さんに、更生の本質についての話を伺います。
日時:2017年10月22日(日)14:00〜16:00
場所:ならまち通信社「れんぞ」 奈良市中辻町1-1 ローレルコート奈良1F店舗(奈良町南観光案内所「鹿の舟」南向い)
・近鉄奈良駅・JR奈良駅から奈良市内循環バス「田中町」下車すぐ
・JR京終駅から徒歩8分
・近鉄奈良駅から徒歩20分
・奈良町南観光駐車場(コインパーキング)向い
料金:1000円
参加:要申込・先着30人(申込方法は下記)
主催:奈良少年刑務所を宝に思う会
問合:電話070-5024-9428(松永)
登壇者:竹下三隆(元奈良少年刑務所教育官)・松永洋介(元奈良少年刑務所外部講師)・寮美千子(元奈良少年刑務所外部講師)

奈良少年刑務所で足かけ10年続いた「社会性涵養プログラム」の詩の授業は、少年たちの心の扉を開く成果を上げ、注目されてきました。これは、刑務所の教官と外部講師らが手探りで作りあげてきたものです。その方法論の核を提示したのが当時の教育官で臨床心理士の竹下三隆先生。「北風より太陽」というこのプログラムの本質について、外部講師だった寮美千子・松永洋介を交えて話を伺います。
「かくあるべし」という規範意識を脱ぎ去って、自由になること。別の自分に変わる必要はなく、本来の自分に戻ること。身につけてきた鎧が、実は自らを縛る重荷だったかもしれず、それを脱ぎさると、自由でしなやかな世界が広がっているということ。いまを生きるヒントのたくさん詰まったお話が聞けると思います。

【申込方法】
Facebookイベントに参加表明を投稿
・メール…info@narapress.jp
・電話…070-5024-9428

【奈良少年刑務所の心をつなぐ】…奈良少年刑務所は、建物は保存されるものの、更生プログラム等は継承措置がないまま廃庁に。どんなケアが行われていたのか?若者の立ち直りを見守ってきた人々の気持ちは? “塀の中”の実践事例を共有し、継承を図り、また広く社会と犯罪との関係について考えていく連続企画です。